1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究

セキュリティ機能のある賃貸物件

賃貸不動産で物件を探す人の多くはセキュリティを非常に重要視しております。家賃ももちろんありますが、物件探しの時のポイントとして防犯面を重要視している人が非常に増えております賃貸に限らず、マンションにおいてセキュリティの機能が必要が必要になります。防犯カメラだけでなく、いろいろなハード設備が必要となるのです。

セキュリティ会社と提携して、何か異常を感知すると、セキュリティ会社の社員が急行するのです。その異常を検知するシステムがマンションには必要になります。まず、部屋にはドアフォンがありますが、緊急通報のボタンがあったりします。その通報ボタンを押すと自動でセキュリティ会社に通報されるのです。また、ガス漏れ、火災などの煙を感知した時においては自動的にセキュリティ会社に通報されます。

そして、窓ガラス、ドアにもセンサーが設定されており、窓ガラスが割られる様な衝撃をセンサーが感知しても自動通報されるのです。これらの異常の通報はセキュリティ会社が信号を受けると、必要に応じて、警察、消防、ガス会社にセキュリティ会社が連絡を行ないます。本来は管理人が行なう業務ですが、このような機能がつくことで、24時間365日オンライン監視が確立するのです。

Copyright 2017 1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究 All Rights Reserved.