1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究

賃貸借契約書の内容を確認してみよう

賃貸マンションや一戸建て賃貸物件などを借りて住むなら、賃貸借契約を取り交わす必要があります。賃貸借契約書は、契約日までに不動産会社が作成して準備しておきます。ほとんどの部分は雛型を使っており、頭書の欄や契約期間などは契約ごとに当てはめる形になるでしょう。実際の賃貸借契約書に書かれている内容には、家賃の支払いに関することや契約解除、物件の維持管理などがあります。賃貸物件に住んでいる間は、記載されている禁止事項は必ず守らなければなりません。禁止事項を、守れない場合は強制的に退去させられることもあります。

禁止事項とは、借りている物件を転貸することも含まれています。転貸とは又貸しを意味しており、自分の名前で契約している物件に第三者を住まわせて賃料を得るというものです。また、勝手に増築したり増築や移転なども禁止されています。他にも多くの禁止事項があるので、別表で確認する形になるでしょう。物件の立ち入りに関する項目では、乙の承諾を得ることによって甲が部屋の中に立ち入ることを保証しています。甲の立ち入りは余程のことがない限りは行われませんが、物件の保全上必要であると判断された場合は従わなければならないのです。

Copyright 2017 1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究 All Rights Reserved.