1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究

賃貸借契約書に記載されている内容とは?

不動産会社の方で賃貸物件の契約を行うときは、それぞれの業者が作成した賃貸借契約書を元に契約を取り交わします。では、賃貸借契約書に記載されている内容について確認してみましょう。頭書には借りることになるアパートやマンションについての事柄が記載されています。名称や所在地、建物構造、階数、間取りなどです。賃貸借契約書の前に確認する重要事項説明書と重なる部分がありますが、契約書の方でもしっかり確認しておきましょう。続いて契約期間に関することや賃料に関することが記載されています。賃貸物件の契約期間は、一般的には2年が多くなっています。

中には1年ごとに契約を更新する物件もあります。定期賃貸借契約の場合は、初めに定めた契約期間が終了すると更新することはできません。5年契約であれば、5年経過したら退去することになります。賃料の欄には共益費や駐車場代などが記載されますが、賃貸物件によってはゴミの処分代やバルコニー使用料など、あまり一般的ではない費用を支払う場合もあります。どの契約書でも使われる表現ですが、賃貸借契約書の場合は賃貸人を甲として賃借人を乙としています。契約書には共用部分の使い方や反社会勢力の排除に関する事柄も明記されています。

おすすめ

Copyright 2017 1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究 All Rights Reserved.