1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究

賃貸物件を借りる際の初期費用とは?

賃貸物件を借りるときは、どの位の費用が掛かるのか気になりますね。賃貸物件を借りる際の費用について確認してみましょう。賃貸借契約を結ぶ際は、不動産業者の方で初期費用を支払う必要があります。初期費用に含まれるものといえば、敷金と礼金、仲介手数料がありますね。敷金は元々家賃を滞納したときのために預かるお金とされていましたが、現在は退去時の原状回復費用として使われるのが一般的です。敷金の扱いに関しては、これまで明確な取り決めがありませんでした。しかし、最近になって敷金に関するルールが明文化されることが検討されています。

入居者が普通に生活していることで生じる経年変化は、原状回復費用には含まないという形になるようです。敷金に関してはトラブルに発展することが多く、裁判で争われているケースも少なくないのです。敷金について不明な点があれば、賃貸借契約の際に不動産業者に聞いてみるといいですね。敷金の他には礼金があります。礼金は大家さんに対して支払うもので、退去する際に戻ってくることはありません。賃貸物件が多い地域や入居者が決まらない物件の場合は、礼金なしに設定されていることもあります。仲介手数料は不動産業者に支払うお金です。

おすすめ

Copyright 2017 1Kタイプの賃貸物件の間取り図研究 All Rights Reserved.